どっち?エアウィーヴとテンピュールを比較して分かった3つの真実

エアウィーヴとテンピュールを徹底比較!

エアウィーヴテンピュールだったらどっちがおすすめなんだろう」

 

「違いを比較して教えてほしいな」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

 

エアウィーヴもテンピュールも、どちらもなかなかの値段がするブランドのあるマットレスになります。

 

「良いマットレスを買おうかなぁ」なんて思ったときに、この2つのマットレスで迷う方は多いと思います。

 

 

ただ、どちらも値段が高いので「購入して失敗はしたくない!」なんて思われると思います。

 

 

そこで今回はエアウィーヴとテンピュールを様々な点から比較して、そこから分かった3つの真実についてもお伝えします。

 

この記事を読むことで、どちらのマットレスがあなたに適しているのかがよく分かります。

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. 違いは?いろいろな面から比較してみた!
  2. 比較して分かった3つの真実
  3. エアウィーヴとテンピュールはどっちがおすすめ?

 

違いは?いろいろな面から比較してみた!

 

 

テンピュールとエアウィーヴのマットレスの特徴について、さまざまな点から比較してみました。

 

以下の内容をしっかり読むことによって、違いがよく分かるようになっています。

 

テンピュールは低反発マットレス!

 

そもそもエアウィーヴは高反発マットレスで、テンピュールは低反発マットレスなので、マットレスの種類としては大きく異なっています。

 

文字通り「マットレスに反発力があるのかないのか」を表しているのですが、「どっちのマットレスがおすすめなの?」と思われていると思います。

 

 

最近の主流は高反発マットレスになっていて、理由は「寝返りが打ちやすいから」となっています。

 

 

また、高反発マットレスであれば肩や腰がマットレスに沈まないので、体に負担をかけずに眠ることができるという利点があります。

 

この点を考えると、低反発マットレスであるテンピュールよりも高反発マットレスであるエアウィーヴの方がおすすめと言えます。

 

収納はどっちもしやすい

 

収納面を考えると、エアウィーヴもテンピュールもどちらも3つ折り可能で、収納はしやすいです。

 

 

特に、エアウィーヴは画像のような3つ折り線の入ったマットレスも販売しているので、「とにかく折りたたみしやすいのがいい!」と考える方はエアウィーヴがいいかもしれません。

 

とはいっても、テンピュールも三つ折りが簡単にできるマットレスなので、収納面ではそこまで両者に違いはないでしょう。

 

ちなみに、ベッドマットレスは厚みがありすぎるので、もちろんエアウィーヴもテンピュールも折りたたむことはできません。

 

衛生的なのはエアウィーヴ?

 

「汚れがついてしまった!」なんてなった時に、エアウィーヴはマットレス自体を水洗いすることが可能になっています。

 

エアウィーヴの洗い方

 

 

それに対してテンピュールマットレスは、丸洗いすることはできません。

 

防ダニ加工もされているわけではないので、アレルギー持ちや赤ちゃんをお持ちの方はテンピュールは合っていないと思われます。

 

というわけで、衛生面を考えるとエアウィーヴの方がおすすめと言えます。

 

価格はテンピュールの方が安い?

 

価格についてですが、全体的にはテンピュールの方が安く設定されています。

 

エアウィーヴは敷布団タイプだと、一番安いもので9万円はしますが、テンピュールの布団ベーシックであれば27000円程度で購入することができます。

 

といってもテンピュールはピンキリで、種類によっては10万を超えるものもたくさんあります。

 

 

ただ、マットレス購入における平均金額はテンピュールの方が安いでしょう。

 

というわけで、「価格を抑えたい!」と考える方はテンピュールの方がいいでしょう。

 

保証はテンピュール!

 

エアウィーヴの保証期間は一律3年です。

 

それに対して、テンピュールは値段が安いマットレスであれば2年程度ですが、高いベッドマットレスであれば10年もの保証がつきます。

 

「マットレスがすぐにヘタれてしまわないか心配だ…」と思われる方はテンピュールの方が安心です。

 

 

スポンサーリンク

 

比較して分かった3つの真実

 

 

ここまでエアウィーヴとテンピュールを様々な点から比較してきましたが、両者とも良い点があり、「どっちがいいのか分からないな」と思われている方も多いと思います。

 

 

そこで、両者のマットレスを比較してもう少し辛口に批評していこうと思います。

 

個人的な見解にはなりますが、3つの真実をお伝えするので、よく参考にしてみてください。

 

肩こりや腰痛対策ならテンピュールはおすすめしない

 

「高いマットレスを購入しよう!」と考えている方は、肩こりや腰痛・寝ても取れない疲れに悩まされている方が多いと思います。

 

そんな方にとっては、ぶっちゃけ低反発マットレスのテンピュールはおすすめできません。

 

低反発マットレスは体がマットレスに沈み込んでしまって寝返りが打ちにくいですし、重い部分である肩や腰は、寝ている間に負担がかかり続けてしまいます。

 

 

それに対して、寝返りが打ちやすいと、筋肉のこりをほぐすことができて、血流も良くなります。

 

だからこそ、高反発マットレスであるエアウィーヴの方がおすすめです。

 

高反発だと、体がマットレスに沈み込むことはありませんし、肩や腰に負担もかけずに眠れるからです。

 

「肩こりや腰痛をどうにかしたい!」

 

「睡眠でしっかり疲れを取りたい!」

 

こんなふうに考えている方は、テンピュールよりもエアウィーヴでしょう。

 

ただ、エアウィーヴは耐久性が低い可能性がある

 

こちらの耐久性は?エアウィーヴはへたりやすくて寿命が短い!?という記事にも書かれていますが、エアウィーヴは「すぐにへたってしまった…」なんて口コミが多いです。

 

中身の素材が独特のもので、おそらくへたりやすいのでしょう。

 

 

私も以前はエアウィーヴを使用していましたが、半年程度で柔らかくなってしまったので、現在はもう使っていません(^^;)

 

私のエアウィーヴ体験談はこちらの悪評!?エアウィーヴマットレスの口コミや評判という記事に書かれているので、よく読んでみてください。

 

この2つのマットレスにこだわる必要はない

 

テンピュールは低反発マットレスなので、肩こりや腰痛対策にはなりにくいです。

 

 

また、エアウィーヴも耐久性が低いという大きなデメリットがあります。

 

特にエアウィーヴは価格が高いのにすぐにへたってしまった経験が私にはあるので、あまりおすすめできません(^^;)

 

というわけで、テンピュールもエアウィーヴもどちらのマットレスにもこだわる必要はありません。

 

品質が良くて、耐久性も高い高反発マットレスは他にもあるからです。

 

エアウィーヴとテンピュールはどっちがおすすめ?

 

 

エアウィーヴもテンピュールも、どっちもおすすめしないというのが私の見解になります。

 

 

もう少し、価格を抑えて耐久性の高いマットレスを購入することは可能です。

 

例えば、「雲のやすらぎ」や「モットン」などでしょう。

 

ちなみに私は現在はモットンを使用しています。

 

山本昌

 

モットンは元プロ野球選手の山本昌さんが愛用しているマットレスで、すでに10万本以上売れています。

 

使用者は

 

「モットンに変えてからぐっすり眠れている!」

 

「翌朝に疲れが残っていないので、毎日アクティブに過ごせる!」

 

「肩こりや腰の痛みが軽減した!」

 

こんな口コミが多く存在しています。

 

 

実際に私も現在モットンを使用していますが、「夜中に腰の痛みで目がさめる…」ということがなくなったので、とても満足しています。

 

山本昌さん愛用のマットレスということで、モットンもブランドがあって少し値段が高いというデメリットはあります。

 

 

しかし、エアウィーヴやテンピュールと比べれば値段は安いです。

 

興味のある方は見てみるといいでしょう。

 


 

特に「腰痛に悩まされている…」なんて方は必見です。

 

 

スポンサーリンク