エアウィーヴとトゥルースリーパーを比較!どっちがおすすめ?

エアウィーヴとトゥルースリーパーを比較してみた

エアウィーヴトゥルースリーパーどっちが良いのかな」

 

比較するとおすすめなのはどちら?」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

 

エアウィーヴもトゥルースリーパーも、テレビ通販やCM、有名人を広告塔にしているのでかなり有名ですよね。

 

特にテレビ通販なんかをみていると、

 

「どちらのマットレスも魅力的!」

 

なんてなってしまいます。

 

  • 寝心地の良さ
  • 体への負担のかからなさ
  • 腰痛対策になるか
  • コストパフォーマンスの良さ

 

この視点で見たとき、どちらがよりよいマットレスと言えるのでしょうか。

 

 

そこで今回はエアウィーヴとトゥルースリーパーの比較結果をお伝えしたいと思います。

 

あなたに合うマットレスを見つけるためにも、この記事は最後までしっかり読むことをおすすめします。

 

特にいま腰痛で悩まれている方は必見です。

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. 分かりやすい比較表
  2. 体に負担をかけずに快眠するなら高反発マットレス!
  3. でも、エアウィーヴって高くない?

 

分かりやすい比較表

 

トゥルースリーパー エアウィーヴ
素材 ウルトラヴィスコエラスティック(ウレタンフォーム) エアファイバー
マットレスの種類 低反発マットレス 高反発マットレス
大きさ

シングルサイズ 横幅 97cm 縦195cm
セミダブルサイズ 横幅120cm 縦 195cm
ダブルサイズ 横幅140cm 縦 195cm

シングルサイズ 幅104cm 横196cm
セミダブルサイズ 幅124cm 横 196cm
ダブルサイズ 幅144cm 横 196cm

厚み 5cm〜7cm 6cm
収納性 折りたためるが推奨しない 三つ折り可能
水洗い 不可 可能
寝心地 体がマットレスにぴったりフィット 寝返りが打ちやすく、負担がかからない
価格

シングルサイズ 22800円〜26800円
セミダブルサイズ 24600円〜26800円
ダブルサイズ 26800円〜28800円
クイーン 28800円〜30800円

シングルサイズ 64800円
セミダブルサイズ 77760円
ダブルサイズ 90720円

保証 60日間返品保証 30日間返品保証

 

 

スポンサーリンク

 

比較してパッとみて分かる、エアウィーヴとトゥルースリーパーの違いは以下の4点ですね。

 

  • 低反発マットレスか高反発マットレスか
  • 洗濯可能か否か
  • 価格の違い
  • 保証期間の長さ

 

マットレスの種類も違いますし、価格も大幅に違います。

 

「安さ重視の方はトゥルースリーパーがいいのでは?」

 

と言いたいところですが、もう少し考えた方がいいでしょう。

 

以下で、マットレスを選ぶ上での重要なポイントを説明いたします。

 

あなたが後悔しないためにもよく読んでみてください。

 

体に負担をかけずに快眠するなら高反発マットレス!

 

 

高反発マットレスと低反発マットレスはどちらが体に負担をかけずに眠れるか知っていましたか?

 

それは、高反発マットレスなのです。

 

なぜ、低反発マットレスだと体に負担がかかってしまうのでしょうか。

 

柔らかいマットレスの上で寝た場合

 

上記のように、マットレスに硬さ(反発力)がないと、体の重い部分がマットレスに沈み込んでしまいます。

 

沈み込んでしまうと、その部分ばかりが圧迫されて、特に体の中でも重い部分である肩や腰などに負担をかけてしまいます。

 

その結果、低反発マットレスを使用すると「肩や腰が痛い…」となり、肩こりや腰痛の原因にもなってしまうのです。

 

 

特に低反発マットレスは寝返りが打ちにくいので、体が圧迫され続ける時間がとても長くなります。

 

血液やリンパ液の流れも悪くなります。

 

翌朝に元気な体で起きるためにも低反発マットレスではなく高反発マットレスをおすすめします。

 

 

というわけで、この理屈を考えると低反発マットレスであるトゥルースリーパーはおすすめできません(^^;)

 

実際にこの理論を知っている私は、高反発マットレスを使用しています。

 

やはり、肩こりや腰痛で悩みたくないですからね・・・。

 

 

NEWSポストセブンの記事

 

NEWSポストセブンの記事でも、良質な睡眠をとるためには高反発マットレスがおすすめだと書かれています。

 

やはり、寝返りの打ちやすさと体圧分散性にそなえた高反発マットレスの方が快眠につながるのでしょう。

 

体に負担をかけずに眠れる高反発マットレスの方がおすすめなので、エアウィーヴの方がいいでしょう。

 

 

特に

 

「腰が痛い…」

 

「肩が痛い…」

 

「ぐっすり眠れない…」

 

「夜中に痛みで目を覚ます…」

 

なんて方にはトゥルースリーパーよりも高反発マットレスであるエアウィーヴをおすすめします

 

でも、エアウィーヴって高くない?

 

しかし、エアウィーヴって値段が高いですよね(^^;)

 

しっかりとした厚みのあるマットレスを購入しようとすると、シングルサイズでも64800円はしてしまいます。

 

正直、お財布的にはきついですよね。

 

 

 

ただ、「そのぶん耐久性が良ければ、長く見れば高くはないのでは?」と思われている方もいらっしゃると思います。

 

たしかに、10年近くマットレスを使用することができれば、安いマットレスを買い替え続けるよりも、元はとれそうですよね。

 

 

しかし、私はあえてエアウィーヴを選ぶ必要はないと思っています。

 

 

もしもあなたが

 

「腰痛対策としてマットレスを使いたい」

 

「価格を抑えて購入したい」

 

「耐久性のあるマットレスを長く使用していきたい」

 

と思われているのであれば、エアウィーヴではなくても良いマットレスはたくさんありますからね。

 

 

どうしてそのように言えるのか詳しく知りたい方は、こちらの悪評!?エアウィーヴマットレスの口コミや評判は良くないって本当?という記事に書かれてあるので、よく読んでみてください。

 

やっぱり、高品質なマットレスを使った方がいいですよ・・。

 

 

スポンサーリンク