耐久性は?エアウィーヴはへたりやすくて寿命が短い!?

エアウィーヴの耐久性や寿命について|へたりやすいの?

エアウィーヴ何年持つマットレスなのかな」

 

「耐久性寿命について詳しく教えてほしい」

 

へたりやすいって本当?」

 

この記事を読まれているあなたはこんなふうに思われているかもしれません。

 

 

エアウィーヴは数々の有名人を広告モデルに起用していることで、莫大な広告費を払っていることもあって、値段がかなり高く設定されています。

 

なんとなく、価格が高いマットレスなら耐久性も良くて、寿命が長そうな気がしますよね。

 

私も、エアウィーヴ購入前にそう思っていました。

 

 

しかし、ネットを調べてみると中には「すぐにへたってしまった…」なんていう口コミもありました。

 

そこで今回はエアウィーヴの耐久性・寿命・へたりやすいかについて調べてみました。

 

「何年くらい持つマットレスなのかな」と思われている方は必見の記事になります。

 

 

スポンサーリンク

 

【目次】

  1. 3年保証があるから、そこまでは大丈夫!
  2. 実際はもっとはやくへたる?
  3. 寿命を長くする方法
  4. 耐久性のあるマットレスは他にもある

 

3年保証があるから、そこまでは大丈夫!

 

 

エアウィーヴは3年保証があるのはご存知でしょうか。

 

これは、エアウィーヴを購入した日から3年以内であれば、もしもへたってしまっても中身を交換してくれるというものです。

 

3年という、保証がとても長い期間あるので安心して利用できます。

 

 

そして、ここから逆算して考えると、3年以上は使えるということになります。

 

もしも耐久性・寿命が短かったら、交換の嵐になってしまい、エアウィーヴの販売会社としても大変ですからね(^^;)

 

正直なところ、10年使えるマットレスかは分かりませんが、3年は持つと考えていいでしょう。

 

 

まぁ、これだとそこらで売っている市販のマットレスとあまり耐久年数に違いはないようには感じますが(^^;)

 

実際はもっとはやくへたる?

 

 

エアウィーヴの口コミを調べてみると、以下のような口コミがありました。

 

「使って3ヶ月程度でへたりはじめた」

 

「まだ半年経ったくらいなのに腰の部分がへたってきている」

 

「高い割には寿命が短い気がする」

 

エアウィーヴのお手入れ方法に問題があるのかもしれませんが、「すぐにへたってしまった…」という方は意外と多くいらっしゃるようでした。

 

  • 耐熱性の低さ
  • 天日干しはダメ(陰干しがおすすめ)
  • おそらく密度は低い

 

エアウィーヴは上記のような特徴を持っています。

 

おそらく、エアウィーヴを購入した方は上記のことを知らずに使っている可能性が高いです。

 

もしかしたら天日干ししているかもしれませんし、湯たんぽなどを使用しているかもしれません。

 

エアファイバー

 

また、エアウィーヴの中身はエアファイバーと呼ばれる繊維状の素材で、密度が低そうに感じます。

 

これもあって、へたりやすいのではないかと言えます。

 

 

寿命を長くする方法

 

 

もしもあなたがエアウィーヴを使用していきたいのであれば、以下のようにお手入れするといいかと思います。

 

 

まず、50度以上の熱には弱いので、電気毛布や湯たんぽなどは基本的に使わない方がいいです。

 

温風が出る布団乾燥機などもなるべく避けましょう。

 

 

また、天日干しはせず、風通しの良い場所で陰干しをします。

 

陽に当てないのでダニやカビなどが心配になる方もいらっしゃるかと思いますが、エアウィーヴは丸洗いできるので、それで対応しましょう。

 

上記のようにして使っていれば、寿命は比較的長くなるでしょう。

 

3年以上は使えるのではないでしょうか。

 

耐久性のあるマットレスは他にもある

 

 

ただ、私の個人の感想にはなりますが、わざわざ高いお金を払って、耐久性に疑問のあるマットレスを使用する必要はないかと思います。

 

エアウィーヴの他にも寝心地に優れたマットレスはたくさんありますし、耐久性の高い高反発マットレスはもっと費用を抑えて購入することが可能です。

 

 

私もエアウィーヴを使用してへたってしまった過去があるので、現在はほかのマットレスを使用しています。

 

「えっ、どういうこと?」と思われていて、詳しく知りたい方はこちらの激怒!?エアウィーヴとモットンを比較した結果を暴露※購入する前に!という記事を参考にしてみてください。

 

特に腰痛対策としてマットレスを使っていきたいと考えている方はよく読むといいでしょう。

 

もちろん、そちらの記事で紹介しているマットレスは耐久年数にも優れていて、へたりにくいマットレスです。

 

 

スポンサーリンク